政策立案から考えられる人材を育てる、福祉の大学のおすすめ

2015年7月3日 by nishi223 | Filed under 福祉の仕事について.

少子高齢化社会となり、高齢者や子供のための福祉が重要になってきています。

福祉分野の人材は不足しており、人材確保が求められています。

福祉を専攻できる大学は日本全国に複数あります。
福祉を専攻する事で社会福祉士などの受験資格を得る事ができます。

また、実習などで即戦力になる人材となる事も可能です。

しかし、大学というところは専門性を身につけるところです。
単なる労働力だけの人材では物足りません。自分の頭で考えて、何が必要でどんな政策が必要かを立案できる人材になる事が求められます。

大学教育においてはフィールドワークや、指導教官からの問題提起で学生の考える力を養います。
しっかり学ぶ事で、福祉の現場に出たときに様々な問題に柔軟に対応できるようになる事が好ましいでしょう。

もちろん、それには頭だけではなく技術力や経験も必要です。
経験や技術力は社会に出て養い、自分を磨いていく事も大切です。

しかし、福祉の現場を見抜く洞察力を持つためには、教養や知識も必要です。

おすすめ出来る大学と言うのは、考える力や、広い視野で物事を見つめられる教育に力を入れている大学です。

就職率が高い事も大切であり、おすすめ出来る良い大学というのは結果として就職率の良さにも結びついていくでしょう。


Comments are disabled