社会福祉法人の設立の流れとその費用

2015年7月3日 by nishi223 | Filed under 社会福祉法人.

社会福祉法人の設立には行政官庁の許可が必要です。

規模が大きくない場合には都道府県庁の場合が多いのですが、その社会福祉法人の規模が大きい場合や、複数県にまたがって事業を行う場合には、厚生労働省が許認可官庁になってきます。

設立時にまずは、その行政官庁に対して相談を行います。
このとき、行う事業などの確認や補助金が支給される場合には、その申請法等についても説明がなされることもあります。

次に、定款の作成とその認証を受けなければいけませんが、定款は社会福祉法人の場合には雛形がある程度決まっているため、それに沿って作成をしていくのが一般的です。

その作成した定款の認証は、指定権限を有する行政官庁が行います。
その認証を受けた後に法務局で登記を行い、設立ということになります。

一般的な流れはこのような形で進みますが、場合によっては定款の変更をしなければならない場合があり得ます。

この場合はいったん差し戻しになり、改めての申請という形です。
流れ自体の大きな変更にはなりませんが、時間と費用のロスにはなってしまいます。

社会福祉法人の場合には、一般の企業等とは異なり時間も費用もかかりますから、早め早めに段取りよく進めることが求められます。


Comments are disabled