愛知県西尾市と人口について

2015年7月3日 by nishi223 | Filed under 愛知県西尾市について.

1960年2月1日に制定された愛知県西尾市は、愛知県の中央部に存在する矢作川流域の南端に位置する市です。

矢作川は、愛知県を北から南に流れる川で県民の多くに親しまれている川です。

抹茶の生産が盛んで、日本に流通している抹茶の多くが西尾市で採られたものです。

西尾市の人口は、約16万6000人と少なくはありませんが、1人あたりが使用する面積が広いので、ゆっくりと日常生活を営むことができます。

市のシンボルとして定められている木は、クスノキで市内の随所に存在しています。
中には、樹齢が長くパワースポットとして認知され人気の高いクスノキもあります。

市のシンボルとして定められている花は、バラです。
バラが咲く夏の終わりから初秋にかけては、市内のあらゆる場所でバラが咲き誇り、見た目が華やかになるだけではなく、良い香りも広がります。

市民はもちろんですが、市外からの方々も癒されています。

こうした四季の移ろいによって、自然の変化を楽しめる上に、日常生活を営む上で欠かすことのできないお店や、サービスなどが充実していることから、西尾市の人口は年々増加傾向にあります。

全国的に人口減少に悩んでいる市町村が多いなかで人口を増やしているのは、西尾市の魅力が高いと言えます。


Comments are disabled