福祉に関する資格の種類について

2015年7月3日 by nishi223 | Filed under 福祉の資格関連.

福祉に関する資格にはたくさんの種類があります。

自分の仕事内容に合わせて取得を目指すのが最も良い方法です。

福祉の仕事の経験がなく、一から仕事を始める場合には、介護職員初任者研修を取得するのが一般的な方法になります。

厳密には資格とは言えないかもしれませんが、ほとんどの求人への応募の最低条件がこの研修を修了していることになります。

全国には多くのスクールがあるため、スクールに通って知識や技術を習得し、最後の試験に合格することで資格を得ることが出来ます。
試験は難しいものではなく、まじめに取り組んでいれば合格することが可能です。

介護の現場で経験をつめば、介護福祉士の資格を取得することが出来ます。

介護現場の主役的な資格であり、取得することでキャリアアップすることができ、給料のアップや昇進なども期待できるようになります。

将来的には認定介護福祉士の資格も出来る予定であり、さらなるキャリアアップが可能となります。
介護保険が出来たことで、出来たものに介護支援専門員があります。

通称ではケアマネージャーといいます。
介護が必要な利用者に適切な介護サービスが提供されるように、介護保険の申請の代理や、ケアプランの作成、業者との交渉などを行ないます。

このように介護に関する資格にはたくさんの種類があります。
取得することで自分が持っている技術や知識を証明することができ、転職などにおいても有利にはたらきます。


Comments are disabled